インテリア家具は、「暮らし」を明るくする物。

私は先日、ある家具店を見ていたら、
素敵な食器棚を見つけました。

家には置く事が出来ない大きさの、
食器棚でしたが、マホガニー材の綺麗な木目が、
素敵な食器棚でした。

私はインテリア家具も結構好きで、
家具店やインテリア雑貨専門店等を、
街で見つけてしまうと思わず店先で
足を止めてしまいます。

インテリア家具とは言いますが、
「家具」と言っているからには、
単なる「装飾性」だけでは無く、
毎日生活していく中で、
「暮らしを明るくしてくれる」物だと、
私としては思っているのです。

第一、豪華な家に住んでも、
その家は残るかもしれませんが、
思い入れがあって使う毎日の家具は、
やはり「機能性」もしっかりしていなければ、
行けないと言うのが私の家具に対する考えです。

インテリア家具と言うと、
結構な値段もしますし、
機能性は二の次で、
装飾性だけを追及した家具もありますが、
それだけでは「家具」とは、
言えないと思うのです。

私は食器類等もある意味、
「家具」だと思っています。
先日、インテリア家具や食器類を扱うお店の、
サイトを見つけたのですが、
そのサイトのfacebookページで、
大変機能性も装飾性もあって、
魅力的なティーポットの写真が載せられていました。

ガラス製なのですが、
大変機能性も抜群で、
それでいて普通に毎日使っても、
オシャレに見える、
すぐに欲しくなったティーポットでした。

皆さんも、思い入れのある家具って、
あると思います。
そのインテリア家具、是非大切に、
これからも使い続けて欲しいと思います。