Monthly Archives: 11月 2013

風邪を引いたらどう対処するか

寒くなると風邪やインフルエンザ、胃腸炎が流行り出す。毎年冬の間には何度かその流行りに乗ってしまっている。

最初はいつも決まって喉の異変を感じる。喉がイガイガする感じや、唾を飲むと痛みを感じていた。そんな時は風邪の諸症状の一貫なので早目に総合感冒薬を飲んでいた。早めに飲めば重症化する事もなく、すぐに治っていたのだ。

しかし今年はそうはいかないのだ。私は現在四ヶ月の赤ちゃんがいるので毎日母乳をあげている。母乳育児は赤ちゃんにとってメリットいっぱいだが、私が摂取する栄養だけでは無く薬なども母乳の中に成分として出てしまうからだ。

薬が飲めないとなるととても不便なもので、熱が出ても解熱剤を服用出来ないからただひたすら熱が下がるのを待たなければならない。病院へ行っても薬が飲めないのでどうにもならないのである。

ごく稀に葛根湯など母乳をあげている人にも飲んでも良いものがあるのでそれを飲み安静にして身体を休めるしか他ならない。

そもそも母乳をあげていると自らの栄養分を子供にあげているし、産後の疲れで免疫力が弱まっているため体調を崩しやすいのである。

春になるまで私は何度体調を崩してしまうのだろうとネガティブな考えばかり頭によぎっている日々である。

アイス激安売りの日だ!

家の近所にあるスーパーは、毎月一日は大にぎわいになる。

アイスや冷凍食品がいつもの価格の半額以下になり大安売りなのだ。

もちろん私もその日を心待ちにしているので、よっぽど体調がすぐれなくて出掛けるのが困難だったり、台風や大雨で外出が億劫でなければ毎月欠かさず行っている。

我が家は冬でも毎日アイスを食べているので冷凍庫にアイスは必須なのである。

アイスはどこよりも安いので毎月激安の日が近づくと、他のスーパーで購入をストップしてその日に備えている。

激安だけにお一人様5個までと言う購入制限もあるため皆家族連れが多くカゴには人数分のアイスがどっさり入っている。

我が家も5歳の娘とアイスをどう見ても食べることができない四ヶ月の娘を連れて三人で行き、15個まで購入する事が出来るのだ。

当然のごとくアイスを箱で買ったり一個ものでも全部で15個も買えば冷凍庫に入り切らなくなるので、購入日近くには冷凍庫を開ける作業をしなくてはならないのだ。冷凍庫にある冷凍食品を食べ、魚や肉など冷凍しているものを使って調理することを心がけなるべく冷凍庫を空っぽにしていく。

何もそこまでしなくてもと思うかもしれないが、この日にかける情熱は節約主婦には大事なのである。

今月も激安日を終えてしまったので来月に向けて月末は冷凍庫を空っぽにするだろう。