Monthly Archives: 1月 2014

いつの間にか月日が流れた

我が家には子供達の写真や夫婦の写真が所々に飾ってある。子供が生まれてからはほとんどが子供達の写真を飾っているが、昨年あえて夫婦が出会った頃の写真を飾ることにしてみた。
それはもう10年の前の写真でお互いが二十代前半の頃。夫は社会人なりたてで見た目はまだ大学生にしか見えなかった。
私は一足先に社会人になっていたので学生には見えなかったが、まだ肌ツヤもあり初々しい頃だ。
そんな写真を見ているとお互い同じ時を過ごし、あっという間に時間が過ぎたのだと感じた。この十年いろいろな事があったけれど劇的な事以外は思い出せない。
写真の中の二人はまだ輝いており二人の時間がとても楽しかった。見かけも今ではすっかり変わり、夫はこの写真の頃より10キロも体重が増えている。
もちろん夫だけではない。私も10年の月日によりかなり劣化した事は否めない。
改めて人は年を取るのだと再認識せざるを得ない。それでもただぼーっと過ごしていたわけでもなく、ただただ必死に二人共仕事や育児などをやり頑張ってきたつもりだ。その頑張りが老化へと繋がったのではないかと自分では思っている。
両親の世代や祖父母の世代に比べればまだまだひよっこの私達なのかもしれない。この先10年、20年、30年先はどんな暮らしをしているのだろう。その時までこの写真を飾り続けたいと思う。