Monthly Archives: 2月 2014

あんなに大嫌いだったお風呂…

私はお風呂が大好きだ。
もちろん毎日入るし、一日に二回入ることもある。冬場なんかは特によくはいる。自宅でのお風呂ではあきたらず、いろいろな場所のスーパー銭湯に行くのも私の楽しみの一つだ。最近の銭湯は非常に個性豊かでお風呂のみならず入浴後のお食事処やマッサージ休憩室まで充実しており非日常的でまるでどこかの温泉街へ旅行へ来た気分にさせてくれ心も体もリラックスさせてくれるのである。しかもそれが1000円前後の値段で楽しめる。大人にとってまさにオアシスだ。そんな私は小さい頃お風呂が大嫌いだった。髪を洗うのも湯船につかって10数えるのもお風呂から出た後髪を乾かすのもすべてがめんどくさかったからだ。もちろん子供なので肩こりもなく疲れを癒すという発想自体なかったこともあるが…兎にも角にも一日のうちで1番嫌な時間帯だったのを覚えている。
そんな私も大人になり一人前に肩こりもするようになり疲れを感じその疲れが溜まってくるようになってきた。
お風呂の楽しみかたを知れた喜びに素直に喜ぶべきなのか、体がくたびれてきてることにショックを受けるべきなのか悩む今日この頃である。
脚痩せサロン 小台

綺麗ってなんだ。可愛いってなんだ。

どうやったら可愛くなるのですか!!
綺麗ってなんなんでしょうか!
可愛くなるにはそれはとても大変な努力をしないといけないのは分かっていますが、元々悪いものはどうやったら良くなるの?って感じです。
整形しようかと思ってしまうくらいのことなんですが、流石に整形は・・・
だから内面で勝負だって思って性格を改善しています。
かわいい+性格も良い人には負けてしまうかもしれませんが、二つとも負けてしまうのはダメなので、性格だけでも買っていきたいと思います。

葛西選手、銀メダルおめでとうございます!

今回のオリンピック、全くリアタイできていない私。
今朝のビッグニュースは、葛西選手の銀メダルでした。

41歳、7度目のオリンピック出場と、それだけでもスゴイのですが、初の個人での銀メダル、素晴らしすぎます!
しかも、また金メダルに向けて目標ができた、という言葉には本当に感服させられます。
このニュースは、多くの日本人を感動させました。のみならず、自分も葛西選手とまではいかないけれど、まだがんばることができるかもしれないという新たな想いを持つに至ったと思います。

スポーツの世界はとくに若いことが有利のように思えますが、葛西選手のように長年の鍛錬がプラスに働くこともあるわけです。
ここまでくるまでにどれだけ辛い想いをしてきたかと葛西選手の心情を思い計れば、自ずとじんわりと熱いものがこみ上げてきます。
人間の可能性は計り知れない、不撓不屈の精神を持てば成さざるものなし、私も久しぶりに清々しい気持ちになりました。

ある雪の日のひとりごと

先週40何年ぶりかの大雪が降ったというのに、昨日から今日にかけてまた雪が降った。ただ、雨が降るという予報もあったから「雨が降れば雪も溶けるだろうし、先週よりはましなのかな」と思いきや、先週よりひどくないだろうか、この積もりっぷり。今日は午後一で配達依頼をしてるのに、このままだと門までたどり着けない。仕方が無い、雪かきするか。山積みの雪をかき分けて門を目指す。ふと気付くと黒部ダムのミニ雪道みたいになってた(笑)滅多にない大雪にかまくら作りたいとか話してた気がしたけど、腕が疲れ過ぎてそれどころじゃなくなってしまった。早くコタツに入ろう…。
労働の後は汗がひいて急激に寒くなってきた。コタツに入っててもまだ冷える。仕方が無いのでインスタントラーメン作って食べた。温かい食べ物はやはり手っ取り早く暖まるからいい。
今夜はラージヒルの決勝があるそうだ。葛西さんがメダル取れるといいなあ、と思いつつ時間を調べると午前2時半スタートらしい。
それをみたら眠ろう。

半身浴で温まりながら、足のマッサージ

冬の時期などはどうしても運動不足になってしまうので、足がむくみがち。朝起きてブーツを履くときなど違和感を感じませんか?
そんな時、余分な水分を出すために半身浴、本などを読みながらはいると1時間なんてあっというまです。
毎日は大変だという方は1週間に1度、美容の日、などと決めて入念にお手入れすることをオススメします。
まず、体をきれいに洗って、肩まで充分に温まります。それから半身浴です。洗面器などを裏返したものをイス代わりにするとちょうどよい高さになります。
温冷を交互にすると代謝が上がりますので、熱くなったら冷水のシャワーを浴びてください。下半身が温まってきたらいよいよ足マッサージです。ふくらはぎ、ももと順にコロコロなどがあればそちらでマッサージしていきます。最後は足元を心臓より高い位置にあげ、マッサージ。たくさん汗が出ると思いますので、こまめに水分補給は忘れずに、よい汗をながしましょう。